yurio’s diary

日々の気づいたことをのせています。

からし蓮根ものがたり

からし蓮根というものを初めて食べた。

 
からし蓮根とは、
穴が無数に開いた白っぽい野菜の、その無数の穴部分に、からしをひり出して詰めた後、天ぷらのように揚げた食べ物であるらしかった。
熊本の名物らしい。
 
 
穴は大きめであるので、口に放り込んだ瞬間、タブレットのごとく型取りされた辛子が口の中でてんやわんやする。
そして蓮根がざくざくしていて、なかなか面白い食べ物である。
辛い食べ物というのは、ちょっとで満足度が高くて経済的だ。
結論としては、これはどう考えてもおかずではなくツマミであるということがわかった。
 
しかし、一体熊本の人は、なぜカラシを穴に詰めようなどと思ったのだろうか。
なぜ辛子なの。
なぜ明太子やウニじゃないの。パンじゃないの。うなぎじゃないの。
めんたいれんこん、たべたい!
 
 
ある日の熊本太郎12歳。
 
太郎は今にも倒れそうな小学校から帰宅し、こたつでまったりと夕飯のできるのを待っていた。
 
「太郎ー。辛子ひり出しといてー」
 
太郎は母に言われ、晩飯のおかずに添える辛子を皿にひり出そうとした。
 
そこには、
ゆでた無数の蓮根があった。
 
蓮根は風呂上がりの人魚のような湯気を放っていて、さあどうぞ と言わんばかりに穴をいっぱい開けて太郎を待っていた。
 
太郎はどうもどうも、と言いながら、皿にひり出す代わりに蓮根の穴のひとつひとつに辛子を注入してみた。
 
驚き叱るだろう母を想像して太郎は一仕事終えた心持ちとなる。
 
いわんや辛子入りの蓮根を口にした父ちゃん母ちゃん弟妹いとこにはとこも口をそろえて大喜びの大喝采。
疲労回復、情緒安定、商売繁盛、家内安全ときたもんである。
 
そういうわけで、太郎一族をはじめ熊本県では蓮根に辛子をひり出すようになった。
我々が今日口にできる辛子蓮根の穴には、穴ひとつひとつに熊本太郎、二郎、三郎、四つ郎、太郎母、父、子猫のジョージの思い出が生きているのである。