yurio’s diary

日々の気づいたことをのせています。

星の降るような夜に

今日は、寒いよさむいよー!

安いよ安いよー!
みたいな感じで。
 
あんまり寒くて家のカギを玄関先でかばんからひっぱり取り出して適切に差しこむまでに小一時間を要した。
 
我が家はアナログな可愛いカギでちょっぴり錆びぎみの上に寒さで小指が小刻みに震えており、
さらに私の前に1億2千万人の小人が行列をなしていたのだから仕方ない。
 
 
 
寒いから腕をぶんぶん振って歩いて帰ってきた。
不審者から身を守る為には、自分が不審者になるのが一番だ。
 
早歩きで家路に急いだ。
 
寒ければ寒いほど元気でいられる!
 
寒いの敵だから!
寒いのも不審者も敵だから、私頑張れる。負けずに頑張れる。
 
今日を生き抜ける。
ちゃんと逃げ回ってるだけで人生きっとちゃんと終わるから大丈夫。
 
 
星がすごくきれいだったよ。
 
見上げている横から暴漢がやってくるんじゃないかと思って取るものもとりあえず走って来ちゃったけど星いっぱいだった。
 
私の脳内は、
エレファントカシマシの「星の降るような夜に」でいっぱいになった。
 
エレファントカシマシは走りながらギターをかき鳴らして耳元でフレッシュに歌ってくれた。
 
気づくと私の頬が濡れていた。
その上目も鼻も喉も濡れていた。
 
 
なんで寒いほど星が綺麗なの、
空気が澄むほど寒いの、
なんで寒いのにハゲるの、
白髪が増えてゆくの。
 
 
 
四季が日本人と私の情緒を育んでくれてよかった。寒いからわびしいとか暑いから向こうへゆけとか、季節の温度変化がみんなの単純思考を育ててくれたんだね。
東京の赤土よありがとう。
 
常になまぬるい温度の土地でなくて幸せだ。
白髪が増えなければもっと幸せだ。